ホームセキュリティ神戸

兵庫県神戸市垂水区の一戸建ての家に住んでいます


はじめまして、兵庫県三田市で生まれ育った祐一37歳です!高校までは兵庫県三田市で過ごし、大阪の大学へ進学したのを機に兵庫県西宮市の賃貸アパートで1人暮らしをはじめました。


大学卒業後は神戸市の会社に就職したので神戸市東灘区の賃貸マンションへ引っ越し、31歳で結婚し神戸市須磨区の賃貸マンションで生活していました。


そして子供も生まれ部屋が狭くなってきたので、家賃が高い部屋に引っ越すならマンションか一戸建ての家を買ったほうが良いと考えて、34歳の時に神戸市垂水区の新築一戸建て住宅を購入しました!


通勤は最寄り駅の霞ヶ丘駅まで自転車で10分(歩くと20分ほど)、それから電車で40分ほど乗って三宮へ、三宮からは歩いて10分ほどで職場の磯上に行けるので、家から職場までは約1時間です。


満員電車と住宅ローンに押しつぶされそうになりますが・・・、いまは子供2人、嫁の4人で何とか生活しています(;^_^


神戸市でホームセキュリティを契約するなら?


兵庫県神戸市垂水区に住んで3年以上経ちますが、最寄り駅の霞ヶ丘駅は神戸の中心地から少し離れており、また駅周辺は住宅街なのでお店はほとんどありません。。


ただ1つ先の山陽垂水駅まで行けばお店も多いし、車で15〜20分くらいの所にはコストコ、三井アウトレットパーク マリンピア神戸があるので、神戸の中心(三宮)まで行かなくても買い物にはあまり困りません(特にコストコはよく行きます♪)。


また須磨海浜公園(須磨水族館)も近いし、明石海峡大橋を渡ればすぐに淡路島なので気に入っています(^_^)


さて、いままでは1人暮らし、結婚してからも賃貸マンション暮らしだったので空き巣などの心配もあまりありませんでしたが、一戸建て住宅はマンションよりも防犯面で不安ですし、嫁も平日昼間はパートに出ており家が不在になる時間も多いし、また子供ができたことでより一層、家の防犯について考えるようになり、嫁と話し合ってホームセキュリティを検討することになりました。


垂水区は神戸市の中では治安は悪いとは思いませんが、不安を抱えたまま生活するのも嫌なので、ホームセキュリティの値段次第で利用することにしました!


ホームセキュリティの価格なんて全く見当が付きませんでしたが、SECOMALSOKのHPを見たら、一般的なマンション(3LDK)、2階建て一戸建て住宅(4LDK)のおすすめプラン、料金例が記載されていたので、ある程度の金額は把握できました。


ただホームページだけでは情報量が少ないし、料金例もあてにならないと思い(;^_^、セコムとアルソックのパンフレットを請求し、この2社に見積もりに来てもらうことにしました。


ALSOKのパンフレット



SECOMのパンフレット


アルソックとセコムの見積もり結果


アルソックとセコムの見積もりをお願いする際に、2社とも家の間取り図などがあればメール(pdfファイル等)かFAXで送ってくださいと言われましたが、間取り図などなかったので、「間取り図などはないのですが?」と言うと、「分かりました。それでは見積もり時に家の中を見させてください」と言われました。


つまり間取り図があれば見積もり当日に家の中を隅から隅まで見なくても、ある程度、家の状況(ドアと窓の数)が分かり、見積もり金額が出せるため、見積もり当日の見積もり時間も短縮できるみたいです。


さて間取り図はなかったので、見積もり当日に家の中を見てもらい、アルソックとセコムどちらも1時間弱で見積もりは終わりました。


今回は家庭向けホームセキュリティということで、アルソックは機器お買上プラン、機器レンタルするプラン、工事費用など初期費用が一切かからないゼロプランから支払方法を選択でき、契約期間の5年で比較すると3つのプランどれもほとんど同額でした(5年目以降は機器お買上プランが年々安くなります)。


ALSOKの見積もり金額


一方セコムの場合は機器買取りプランとレンタルプランから選択でき、5年で比較するとレンタルプランのほうが安いので、セコムはレンタルプランのみの見積額が提示されました(実際に家庭向けのセコム・ホームセキュリティの場合、ほとんどの方がレンタルプランで契約していると言われました)。



SECOMの見積もり金額


ちなみにアルソック、セコムとも基本5年契約で(5年目以降は1年ごとの更新制)、5年以内の中途解約でも訪問販売法によって解約料がかからない可能性がありますので、契約前に確認しておきましょう!


今回の見積内容としては、セコムもアルソックもほぼ同じで、


・開閉センサー⇒1階のドア2ヵ所+1階の窓7ヵ所+2階の窓2ヵ所


・空間センサー⇒1階、2階の廊下天井付近


・火災報知器⇒1階


・家の中で持ち運べる非常ボタン⇒1個


・ホームコントローラー(壁に取り付けるタイプ)⇒1階の廊下


・ICカード(アルソックはIDキー)


・ステッカー


・玄関の外に異常を感知すると点滅するライト


・オプション⇒なし


そして提示された2社の機器レンタルプランの見積もり金額を比較すると以下の通りとなります。


○ALSOK 機器レンタルプラン

機器費⇒0円 / 工事費⇒57,200円(+税) / 保証金⇒0円 / 月額費⇒7,140円(+税) / 5年総額⇒485,600円(+税)


○SECOM 機器レンタルプラン

機器費⇒0円 / 工事費⇒50,000円(+税) / 保証金⇒0円 / 月額費⇒5,000円(+税)/ 5年総額⇒350,000円(+税)


機器レンタルプランで比較するとセコムのほうが5年で13万円以上も安いという見積もり金額でした!しかも月額料金が2千円以上安いので、仮に5年以降も利用した場合は年々、セコムのほうが安くなっていきます。


今度はアルソックの機器お買上プラン、レンタルプラン、セコムのレンタルプランを10年利用する場合で比較すると以下の通りとなります。


○ALSOK 機器お買上プラン

機器費⇒216,100円 / 工事費⇒57,200円(+税) / 保証金⇒0円 / 月額費⇒3,400円(+税) / 10年総額⇒624,100円(+税)


○ALSOK 機器レンタルプラン

機器費⇒0円 / 工事費⇒57,200円(+税) / 保証金⇒0円 / 月額費⇒7,140円(+税) / 10年総額⇒914,000円(+税)


○SECOM 機器レンタルプラン

機器費⇒0円 / 工事費⇒50,000円(+税) / 保証金⇒0円 / 月額費⇒5,000円(+税)/ 10年総額⇒650,000円(+税)


料金だけで比較すると、5年で考えればセコムのレンタルプラン、10年以上で考えるとアルソックの機器お買上プランが安くなるみたいです。


今回セコムの機器買取プランの見積もり金額は提示してもらっていませんが、セコムの場合は10年ほどでも家庭向けのホームセキュリティの場合はレンタルプランが安くなることが多いようです。


いずれにしても上記は我が家(4LDK一戸建て)の場合の見積もり金額ですので、地域、間取り(家の構造)、ドア、窓の数(取り付けるセンサーの数)、オプションなどによって値段は変わるので、一概に5年ならセコムのレンタルプランが、10年ならアルソックの機器お買上プランが安いとは限りませんので、必ず自分の家で見積もり金額を出してもらいましょう!


セコムと契約!セコムホームセキュリティの工事・操作・ステッカー・アプリについて


ALSOKとSECOMの見積もり金額が出て、料金的には支払っていける金額だったので(月々5千円ほど)、ホームセキュリティを利用しても良いかな?という結論に至りました!


そこでセコムとアルソックどっちがいいか?考えました。


まずセコムとアルソックの見積もり時に色々話を聞いたところ、細かい違いはありますが、ホームセキュリティの内容自体に大差はありませんでした。


また何かあった時に緊急対処員が駆けつけてくれる時間は、セコムが待機所から約15分(約5km)、アルソックが約10分(約4km)と言われました。


そしてアルソックとセコムの料金を比較した場合、10年以上利用するのが初めから分かっているならアルソックの機器お買上プランが安いですが、契約期間の5年で考えた場合はセコムのレンタルプランが安いという見積もり金額でした。


以上を踏まえ、ホームセキュリティの内容自体はあまり変わらない、10年も先のことは分からない、ということで、今回はSECOMと契約することに決めました!


個人的にはどっちでも良かったのですが、業界No.1のセコムなら安心して任せられますし、費用も思ったよりも高くなかったので、それほど大きな決断でもありませんでした(^_^)


さてホームセキュリティをSECOMに決めたので、担当者に連絡して自宅で契約し、そしてホームコントローラー、センサー類の設置工事となりました。


セコムの契約ファイル・取扱説明書


契約時に必要な物は、印鑑、利用料金の引き落とし口座情報(クレジットカードでの支払いも可)、家族の連絡先くらいで、工事日までにセコムに預ける合鍵2本を用意するくらいでした。


設置工事は2時間ほどで終了し、その後、ホームコントローラーの操作方法を教えてもらい、いよいよホームセキュリティの利用開始となりました!


壁にホームコントローラーを取り付け中


ホームセキュリティの設定、解除などは壁に取り付けたホームコントローラーで操作しますが、タッチパネル式で指、または専用のタッチペンで簡単に操作できます。


また専用のICカードをホームコントローラー(または設定解除BOX)に差し込めば外出セコムとなり、帰宅時も同様にホームコントローラー(または設定解除BOX)に差し込めば外出セコムが解除される仕組みとなっています。


操作自体は本当に簡単なので、忘れることはあっても間違うことはほとんどないと思います。



在宅中



ICカードを差し込めば外出セコムへ(留守はセコムにお任せくださいとアナウンスが流れます♪)



玄関内に取り付けた設定解除BOX


あとステッカーですが、セコムの場合は契約時に大5枚、小10枚渡されて、好きな所に貼っていいということだったので、我が家では玄関扉に大1枚、1階の窓3ヶ所に小3枚、計4枚貼りました。ステッカーは結構余裕を持ってくれるみたいで、さらに「足りなかったら言ってください」と言われました(;^_^。



玄関に貼ったSECOMステッカーと取付けたフラッシュライト(右上)


ちなみにSECOMステッカーには番号が印字されており、その番号から契約者が分かる仕組みになっているので、「ネットオークションで売ったり、契約していない第三者にあげないでくださいね」と言われました(;^_^。



SECOMステッカー・ICカード・タッチペン


またSECOMのアプリでもホームセキュリティの設定状況を確認でき、アプリを利用すれば外出先から家の状況(家族が帰宅したかなど)が分かるので便利ですよ(^_^)


SECOMアプリ


兵庫県神戸市でホームセキュリティを選ぶなら